ページトップへ

宅配試着サービス開始
宅配試着サービス開始

ランドセル&スクールウェア専門店イクラボ

子ども支援アクション

mainimage

生み出したいのは、子どもたちの居場所や心の拠り所です。

本格的な少子高齢化、そして急速な情報化が進む今、子どもを取り巻くふれあいの環境は、どんどん空洞化しつつあります。「人は、人によって人になる」と言いますが、子どもを包んで見守るコミュニケーションが希薄になる中で、子どもの居場所・心の拠り所をつくるアクションは急務だと考えます。私たちイクラボのビジョンは「子どもたちが楽しく過ごせる社会をつくる」です。様々な活動や店舗を使ったイベントを通して、健やかな子どもたちの未来を支援していきます。

子ども支援アクション紹介

養護施設へのランドセル寄贈

2016年度から毎年、県内の児童養護施設にランドセルを寄贈しています。本サイトで「チャリティークリック募金」という企画を展開しており、1クリックするごとに弊社で10円ずつ積み立ててランドセルを購入・寄贈する仕組みです。皆様の善意の気持ちがいつも本当にありがたいです。

photo

チャリティークリック募金

ノーズチャリティー

ひとつの鼻が子どもたちを支えるチャリティー「ノーズチャリティー」に参加しています。これは、まず、飲食店や美容室など地域のお店が、トナカイの赤い鼻を購入してお客に販売。購入したお客が自分の鼻に装着し、子どもたちへのメッセージとともにSNSにアップ。売り上げの一部が支援先に届く仕組みです。支援内容は、児童養護施設から退所後の自立支援、そして、障害者施設(作業所)で働いている方の支援。18歳で自立しなければいけない児童養護施設の子どもを支える大きな力となります。

photo

イクラボ夏祭り

地域のにぎわいづくりのために、毎年、武生店にて夏祭りイベントを実施しています。2019年には、鯖江市丹南高校の生徒が、障害者の就労支援に取り組むNPO法人の農園で野菜を収穫し、それを使って考案した手作り味噌を店頭で販売しました。

photo

小中学生対象のキャリア支援

いま、子どもたちに「キャリア教育が必要」との声が高まっています。キャリア教育とは、「一人ひとりの社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」です。具体的には、地元の会社での職業体験をはじめ、国語や算数などの教科学習と実社会の繫がりを感じさせる活動などを指します。このキャリア支援活動をバックアップするために、代表・山田が県内の各高校をまわって講演を行っています。

photo

ぷよぷよ祭り

2019年7月、やしろ店オープンを記念して「ぷよぷよ祭り」を開催。イクラボ店内で行うことによりゲーム好きでない子どもたちにも参加してもらい、親子で楽しいひとときを過ごしてもらいました。「ぷよぷよ」は一般社団法人日本eスポーツ連合(以下JeSU)の公認タイトル。当日も、JeSU全面協力の上で実施されました。

photo

むらくに秘密基地(※現在休校中)

学習習慣を身に付けて、基礎的学力の向上を図ることを目的に、武生店において小学校4年生から6年生を対象とした「無償塾」を開校。先生は、教員OBや地元大学生が担当します。誰もが利用できる、学校と自宅以外の第三の居場所です。

photo

お知らせ掲示板

イクラボ営業カレンダー

 

このたびイクラボではコロナウイルス感染拡大防止対策といたしまして
2020年9月~2021年1月まで定休日が火曜日と水曜日になります。

お客様にはご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご理解の程、宜しくお願いいたします。